オンラインショップ|ウェディング用インナー(ビスチェ)

 

 

ONLINE SHOP オンラインショップ

  ブライダルメディアの掲載情報
   
 

・25ansウエディング ヘア&ビューティーvol.9

教えて宮林文子さん!インナービューティーのつくり方

美しいドレスには計算し尽くされたインナーが必要不可欠。「ウェディングドレスと普段着なれた洋服とでは、着こなしも目指すボディラインも異なるもの。欧米人のスタイルを基準に作られるドレスは、メリハリのあるボディラインに日本人のスレンダーな身体を合わせる必要があります。特にベアトップのドレスが主流の昨今は、ドレスは胸元で着るといっても過言ではありません。そこで欠かせないのが「ブライダルブルーム」のブライダルインナー。1日をともにするインナーこそ、本当に身体に合うものを選びたいものですね」と宮林さん。

 
25ansウエディング ヘア&ビューティーvol.9
 

 
Q1 お辞儀をした時の胸元に不安を感じます 
A1 清楚な花嫁の胸元がカパカパと浮いてしまっては大問題。立体設計を配したオリジナルのU字型ワイヤーが、カップ上部の浮きを防止します。内側にしっかり引き寄せ、美しいバストに。ワイヤーが胸元に直接当たらないので、痛くないことも嬉しい魅力のひとつです。  
Q2 ドレスからはみ出る脇肉が心配です 
A2 ぷよぷよの脇肉はドレス姿の大敵です。独自の特殊設計を配したワイヤーが、サイドから脇肉を押し寄せしっかりキープ。美しい谷間をつくるので、どんなドレスも安心して着こなせます。中央に向かって胸元を押し寄せ、高さを出して立体感のある理想的なバストをつくります。 
Q3 スレンダーなラインのドレスに憧れますが、くびれにじしんがありません… 
A3 どんなラインのドレスも着こなす場合でも、くびれたウエストはマストポイント。ビスチェの生地に立体裁断を施すことで、身体のラインに沿った美しい胸元とくびれを生み出します。独自の素材とオリジナルパターンでバランスの良い体型を作る効果もあります。 
Q4 長時間身につけるので、動きやすさが気になります 
A4 挙式当日は移動も多く、花嫁は忙しいもの。どんな動作にも対応するため、脇から背中にかけては伸縮性の高い素材を選んで。締めつけるのではなく、身体にフィットさせることが大切です。伸びる力でフィットし、戻る力で補正する。この絶妙のバランスで、動きやすさをかなえます。
 
  <<  bridal bloom ブライダルインナー掲載雑誌を閲覧  >>