一番人気ビスチェ(オフホワイト)【ブライダルインナーのbridal-bloom】


 オンラインショップ|ウェディング用インナー(ビスチェ)

 

マタニティのお嫁様は、ご結婚とご妊娠、ダブルでおめでとうございます。
別名、『授かり婚』『おめでた婚』とも言われるマタニティウエディング。
すくすくと成長する赤ちゃんの成長も楽しみながら、ご結婚式のご準備をしていただけたらな、と思います。
ご妊娠中ですと、バスト・ウエストに限らず、お身体全体が変わってきて、
体調の変化もありますので、御新郎様と比べても、花嫁様は準備が大変。
少しでもマタニティウエディングのプランに立てるよう、
ご妊娠された場合のウエディングドレスと、ブライダルインナーについてまとめました。

マタニティウエディングの為のブライダルインナー
マタニティの花嫁に人気なウエディング、カラードレスのラインってどんなタイプ??
マタニティのお嫁さまは、赤ちゃんやご自分の身体が第一です。 しかし、ドレスのデザインや体型をより美しく見せたいという願望も、出来ればあきらめたくないですよね。
そんな花嫁様は、この3つのラインを抑えておけば、大丈夫!!
1.プリンセスライン
ふんわりとしたラインが特徴のプリンセスライン。 挙式までにお腹が大きくなっても、目立ちにくい点がおすすめです。 急激な身体、お腹の変化にも対応できてしまうのも、このプリンセスラインです。 マタニティ対応のプリンセスラインのドレスにして頂くと、バスト位置の切り替えが高めになり、締め付け感の少ないデザインが多くなる為、その名の通りお姫様のような可愛いらしい花嫁の雰囲気を演出しながら、お苦しくならずにお召しいただけます!! バックスタイルも編み上げデザインを選ぶ事で、よりお身体の変化に対応し、締め付けが苦手なお嫁様の場合も、ドレス着用時の負担を軽減してくれます。 ※また、ご妊娠はとてもおめでたい事ですが、安定期に入る前や、本当に身近な方にしかご妊娠をお伝えしておらず、周りのゲストに伝えていない場合は、ボディラインが出ないため、大変おすすめのラインです。
2.Aライン
ボディのラインをすっきり見せてくれ、腰まわりをすっきりとさせてくれるAラインは、 マタニティ時期のボディラインが気になるお嫁さまにお勧めです。 張りのある生地を選べばお腹のふくらみもそれほど気にならず、身体を美しく見せてくれます。
トレーンの長さで、ドレスの印象や雰囲気を、多種多様に変えやすいのも、Aラインのドレスです。
3.エンパイアライン
胸元のすぐ下から切り替えがあることにより、ふっくらとしたお腹を目立ちにくくし、ナチュラルに着こなす事の出来るロマンティックな雰囲気のエンパイアラインは、ご妊娠・ご結婚の幸せ感を演出できるドレスのラインです。
他のドレスに比べて締め付け感が少ないため、妊娠後期まで着用できます。挙式当日までにお体の変化があった場合も、お召し頂きやすいドレスのラインです。
まとめ
◇お腹を目立たせたくない場合は、プリンセスライン。
◇着心地で選ぶ場合は、エンパイアライン。
◇体型をスッキリと見せたい場合は、Aライン。    
◆お腹の赤ちゃんと一緒に挙げるお式だからこそ、あえて体型にフィットしたデザインの「スレンダーライン」を選ぶ、というお嫁様もいらっしゃいます。 ご夫婦のご結婚式のイメージに合わせて、ドレスを選んで行きましょう。

以上の4つを、ドレス選びのご参考になさってみてください。

ドレスを選ぶ際は実際に挙式を挙げる時期をみこして、お直しができるかも確認しておくことも大切です。
また、ヒールも負担になる可能性もあるので、ご試着から、フラットなパンプスか、
ヒールを履かれたい場合は5cm以下にしましょう。 ベアトップのデザインでも、肩付、袖付のデザインを選んで、 ショールなども小物でチョイスをすると、体を冷やさずに1日を過ごせますね♪
妊娠後のお身体の変化順 ドレスの選び方とポイント
◆妊娠初期(〜4か月)
妊娠がわかり、おめでたい時期!ですが、つわりがあったり、不安定な時期のため、眠気や熱っぽい症状もでたりと身体も異常に疲れやすかったり、精神的にもストレスを感じやすい時期になります。
バストは、生理のときのような張りも感じやすく、味覚の変化や、においにも過敏になりやすくなります。
お嫁様は『無理をせず、自分の気持ちや身体と向き合いながら過ごす』と、心身ともに、嫌悪感を持たずに、楽しく、ママになる準備をしていけるそうです。


【結婚式準備中の場合】
この時期は、ゆっくりと自分のペースで式場や会場を探し、打ち合わせの回数を少し減らすなどして、身体の負担がない程度に、ご結婚式の準備をすることをおすすめします。

【この時期に結婚式を予定している】
お嫁様の体調にあわせて、ドレスのラインを選びましょう。 プリンセスやAライン、スレンダーやミニなど、気に入ったデザイン、ラインをお選び頂いて問題ございません。
ですが、マーメイドのようにボディラインの出るドレスは、お腹周りをシェイプしてしまうので、赤ちゃんの事を考えるとおすすめのラインではないという考え方もあります。
また、締め付け等が苦しいと感じやすい時期なので、その部分も考慮して、ドレス選びましょう。

【マタニティビスチェについて】
ご妊娠初期は、個人差もありますが、そこまでバストの変化はありませんので、ご妊娠前のブラジャーのおサイズで、インナーをお選び頂いて問題ございません。
ですが、締め付けが苦手と感じているようでしたら、アンダーを大きくするか、 拡張フックなどを用いて、ご着用感を調整して頂くことをおすすめします。
マタニティビスチェのページへ
◆妊娠中期(妊娠5か月〜6か月)
お腹もバストも徐々にふっくらとし、赤ちゃんの成長とともに、お体全体が変化してきます。
この頃には安定期に入るとされ、体調も安定しているので、無理をしない範囲で色々と行動がしやすくなります。
そのため、マタニティウエディングを挙げるには、一番良い時期とされています。

【結婚式準備中の場合】
マタニティ用でなくても、お腹を締め付けない、ふんわりしたAライン・プリンセスラインのドレスや、ウエスト周りなどのサイズ調整が可能なドレスを選んでおくと安心ですね!
お腹を目立たせたくない場合は、先にもご紹介をした通り、プリンセスラインが一押しです!
また、ドレスは生地感が重たいものもあるので、肩でドレスの重さを支えるストラップ付きや、ワンショルダータイプのドレスをお選びになると、腹部への負担がかかりにくくなります。 もしくは、軽い生地感の、エンパイアラインをご試着されてみるのも、おすすめです。

【この時期に結婚式を予定している】
ご妊娠中は体形が変わるので、挙式前の最終フィッティングや、当日のお直しの対応も、前もってリクエストしておくと、より安心だと思います。

【マタニティビスチェについて】
バストは妊娠前と比べて、1〜1.5カップ程大きくなるお嫁様が多いです。
ブライダルブルームのマタニティブライダルインナーは、1カップ程度余裕を持っておつくりし、アンダーバストも余裕がございますので、ご妊娠前のおサイズでお召し頂き、お式当日までにお胸が張ってきた場合は、付属パッドを抜き差ししてご調節下さい。

◆妊娠後期(妊娠7か月〜9か月)
お腹が大きくなり、動機や息切れが起きやすい時期のため、体を動かすことや移動することも、苦しく感じてしまいます。
お腹の張りや痛みなど、体調に不安が残る場合は、無理に外出することはおすすめしません。 むくみに悩まされる時期となりますので、移動しやすいフラットな靴を履いて、着圧靴下を履き、足をたまにマッサージをするなど、むくまないように心がけましょう

【この時期に結婚式を予定している】
ご妊娠後期は、大きくなったお腹とお身体に負担をかけないためにも、エンパイアラインが一番おすすめです。 エンパイアラインが一押しの理由は、胸下からの切り返しデザインにより、そこからスカートが広がる為、身体やお腹への負担も少ないですし、比較的お腹のふくらみも目立ちにくいから。 軽くて柔らかいオーガンジーやレース素材を使用して、重さを軽減したエンパイアドレスは、身体への負担が少なく、軽やかな雰囲気を表現してくれるので、ご妊娠後期に一番お勧めのドレスです!

【マタニティブライダルインナーについて】
ご妊娠前と比べて、バストサイズは1.5〜2カップ程サイズアップされます。アンダーバストは1度現在のおサイズをお測り頂き、+5cm程度の変化には対応出来ます。 カップサイズは、ご妊娠前に1カッププラスして頂くのがおすすめです。 ◎この頃は、本当に足がむくみます。靴のサイズ自体にも気をつけましょう!
バストのサイズも最初にドレスを合わせた際とかなり変わっていると思います。バスト周りの着用感を確認し、ドレスフィッティング時は、椅子などにも座って、苦しいところがないかなど確認をしておいた方がベターです!
【総まとめ】

★エンパイアラインは、アンダーバストの周りにギャザーがあるデザインだと太って見える場合もあります。
マタニティ7〜8か月はみぞおち近くからサイズアップしますので、ウエスト切り替えは、限りなくアンダーバストに近いものを選ぶと、すっきりスリムなドレス姿に見えます。

★お腹、ヒップ回りに余裕のあるデザインやストレッチ素材などを使用しているものだと、急なサイズアップがあった場合にも、ドレス自体を変えずにご結婚式当日も着用できます。(もしくは、ドレス選びから実際に着用する日が空く場合は、予備のドレスを候補として選んでおくのも良いですね。)

★披露宴は長く着席することも多いので、ドレスフィッティング時は、椅子に座ってみて、お腹周りに余裕があるか確認しておくのも大事!

★たくさんの生地やレースを使うウェディングドレスは、重たいものが多いので、軽い素材で、動きやすいドレスを選ぶと身体に負担がかかりにくい!

★妊娠中は疲れやすいので、ドレスは着心地で決めるのがPOINT

★デザインは、シンプルなものが良く、フリルなどでお腹を隠そうとするのは、膨張し、太って見えてしまう可能性があり、逆効果です。

★お腹が大きくなるので、引き算をして、全体のバランスをチェックしましょう!

★ビスチェタイプなどでデコルテを出した方が、スッキリ見えます。マタニティのお嫁様で一番綺麗に見えるパーツは、実はデコルテ!

★二の腕は袖や、フリル、レースなどで無理に隠そうとすると逆に、膨張し、太って見えてしまうケースもあります。思いっきり出して、すっきりと見せましょう。 どうしても気になる場合は、ベールや袖のデザインを上手く利用し、カバーしましょう♪
★マタニティビスチェは、カップは深く、アンダーバストは余裕のあるおつくり!
バストの変化によって、お召し頂くサイズが変わります。
COLLECTION
COLLECTION
  • SIMPLE

    ドレスに響きにくい人気の組み合わせ。ノンレースタイプと、ガードルでシェイプし骨盤を支え姿勢をしっかりと補正します。

  • EREGANT

    重いウェディングドレスを支えるビスチェは7段ホック、最高級リバーレースを使用。足さばきの良いフレアパンツと共に。

  • MATERNITY

    赤ちゃんを締めつけずにバストラインはキープするレースアップ式。腰のパワーネットで疲れをしっかり軽減します。

  • STYLISH

    背中が大きく開いたウエディングドレスにはショートタイプ。ガードルと組み合わせで全身を整えスタイリッシュに。

SELECT ADVICE SELECT ADVICE

花嫁様が着たいウエディングドレスのタイプに合うブライダルインナーをチェック!
ウェディングドレスとインナーのセレクトがマッチすると、より美しいシルエットが手に入ります。パーフェクトなボディラインにしっかり整えましょう。